メーカー保証は延長できる

新車を購入すると自動車メーカーによるメーカー保証というものが付いています。
これは、ある一定の期間や一定の走行距離内で機械的なトラブルが発生したら無償で修理しますというもので、大体3年から5年ぐらいまでが保証期間として設定されている多く、いわゆる初期不良というものがその対象となります。
何百万円もする車でも工場で量産された製品ですので、オーダーメイドの様に1台1台細かくチェックしながら作られたものではありません。
ちょっとした取り付け位置のずれやボルトの締め付けトルクのちがい、更には部品のつけ間違いなどからすぐにトラブルが発生することも少なくありません。
そういったときにありがたいのがメーカー保証で、その保証によって無料で正常な形に戻すことができるのです。

しかしどのメーカー保証も初期不良に対応する程度の期間しかないので、この期間がもっと長く続けばもっと安心して乗れるのに思う方もたくさんいると思います。
そこでおすすめしたいのが保障期間の延長です。
この保証期間の延長は無料やわずかな負担で行っているところが多く、誰でも使えるようになっているのですが、場合によっては定期点検をきちんと受けなけらばならないとか特別な点検を受けなければならないなどの条件があり、そこにお金がかかってしまうことがあります。
車のことは何もわからない、車はただ乗っているだけという方にはいいのかもしれませんが、ある程度自分で直すことができるという方には必要ないのかもしれません。