さらばスバルの4WDシステム

とうとうスバルが今まで培ってきた4WD技術が無駄になる時代がやってきたようです。

次期フォレスターと称されるモデルが開発中なのですが、1.6リッターターボエンジンにプラグインハイブリッドシステムが搭載されるまではいいと思うのです。

このご時世、燃費がすべてで燃費が良くないとダメな車として扱われるので。

しかし、驚いたのが4WDシステム、フォレスターはクロスオーバーSUVですから4WDで当たり前なのですが、この車に使われる4WDシステムは今までのようなエンジンからトランスミッション、トランスファー、センターデフを介すものではなく、フロントはエンジンと電気モーター、リヤはリヤ専用の電気モーターで駆動するものが搭載されるようなのです。

今までもこういった前後で独立した形の4WDシステムというのはトヨタ然り、日産然り、たくさん作られてきたのですが、4WDシステムで生き延びてきたといっても過言ではないスバルがこういった今までの4WD技術を一切活かせない4WDシステムを採用するとは思いませんでした。

全てがこの形になるわけではありませんが、安易に電気モーターに頼るようではスバルの未来は知れたものです。

これは三菱のアウトランダーにも言えることなのですが、その内トランスファーやセンターデフを持つ4WDがなくなってしまうのかもしれません。

レヴォーグの値引き