新車見積もりはあらさがし

新車を購入する時にできるだけ安く買えるようにといろいろと考えてからディーラーに足を運びますよね。
値引きや下取り金額、パーツでの実質的な値引きなど、考えればいろいろと安く車を手に入れる手段というものはあるものです。
その中でよく使われる手段が他社の車との比較、例えば、ライバルとなっている他社メーカーの車の良いところと買おうとしている車の欠点を比べたり、スペック的な数値を出したりと買おうとしている車の悪いところを見つけだして、それでも買うのだから安くしてくれだとか、安くしないとそっちへ行っちゃうよ的な雰囲気を出して交渉するのがいいと言われています。
しかし、物事には何でも限度というものが必要で、あまりにも買おうとしている車のあらさがしばかりをしていると、ディーラーの営業マンに「そこまで言うのに何で買うの?」と思われてしまい、挙句の果てには「冷やかしか?」なんて思われてしまうかもしれません。
こういう時はその車をけなすのと同時に良いところも言わなくてはいけません。
褒める:8、けなす:2ぐらいの割合で攻めるといいかもしれません。

アウディ 査定